ウチツクシ

やったゲームのこと(大体STG)とか作ったゲームのこと

BitSummit 2014 行ってきた

夜勤明けだし交通費も結構かかるしで行くの止めとこうと思ってたんだけど、前日になって意欲が溢れてくるよくあるパターンで行ってきた。前々から行く気満々だったら意気消沈してたかも。新幹線とかででも予約大事。

会場内はなんかクラブっぽい感じで意外だった。もっと明るいのイメージしてたから。なんかミストがかってたけどなんかあったんか。あと小さめな東京ゲームショウな感じ。でも人集りで歩くのもやっとな混雑さじゃなくて、ゲームの試遊も数分待てばできるくらいの多過ぎず少な過ぎずな人数。ちょうど行った時間が良かったんかも。ゲームショウは人混みにもみくちゃにされた感想しか残ってなくて、今回も同じだったらと恐れてたけど、全然そんなことなくて助かった。あと小さい子供連れの家族なんかもいてほんわかした。

会場内巡って面白そうなゲームだらけで全部試遊してみたかったけど、そんなに時間もなかったんで、とりあえず一度試してみたかったヘッドマウントディスプレイのゲームをやらせてもらった。3D!すげー3D!視界全部覆ってて臨場感半端ない。しかも頭の向きで方向転換できるのやばい。これはハマるわ…それとプレイヤーをはたから見ても楽しめるwこの人完全に世界入ってるわってw ただ目が疲れやすいのと映像の解像度が低いのかジャギーというかモザイクっぽいのが気になった。もっと綺麗な映像だったら臨場感も上がりそう。ちょっと欲しいなーと思ったけどまだ売ってないらしい。じゃあなんであるんw

会場の奥で開発者?が講演するコーナーもあった。ちょうどその時はゲーム開発ツールのことやってて、ゲーム動かしながらリアルタイムでパラメータ弄ったり色々配置できたりできるぜ!な説明してた。すげぇとしばらく見てて思ったのが「こんなツール作れたら面白そう」だった。そっちだった。横見ると機材を操作している人がいてこれが例のニコ生スタッフか。ニコニコで実際に生放送されているんだろう、俺は今画面の向こう側にいるぜ!と思うとちょっとテンション上がった。多分映ってないけどw

他にも知ってる(持ってる)ゲームもあって気分上々。自分が作ったゲームじゃないのに、こういうイベントで展示されてるとなんか嬉しくなるw 自分もゲームとか展示できたら面白いだろうなとは思うけど、色々面倒そうで結局作ってもネットで公開が関の山。ネットだとプレイヤーが見えにくいけど、イベントだとプレイヤーが目の前にいるし。実際自分のゲームが目の前でプレイされているときの気持ちってどんなもんだろう。とか思いながら会場回ってた。

最中チラシをいくつかもらい、その中に京都ゲームカンファレンス2014〜ゲーム・スタディーズの諸相〜があって、そういえばこれも行ってみたかったやつだったと思いだして後で寄ってみたんだけど、入口まで行ったところで、「これは自分みたいなニワカが入っていっていい空間ではない…」と怖気づいてそのまま引き返したのだった。(ほんとはだれでもOK)

ちょっと東京ゲームショウみたいな人混みを心配してたけど、そんなことなく気軽に見て回ったり試遊できたしできたから良かった。次回もあるならまた行ってみたいね。でも知名度が上がって来場者が増えるとそれはそれで辛いかも。あと、次行くなら京都駅から歩いたりはしない…